2017年1月2日

学生が合宿免許を利用して時間を有効に活用する方法

大学生の多くが1年生または2年生の夏休みの期間を利用して教習所に通い、自動車の運転免許を取得します。

夏休みの期間中は教習所が大混雑するので、教習所を卒業するのが夏休みが終わる頃になってしまう場合もあります。

合宿免許を利用すれば確実に毎日2時限または3時限の技能教習が受けられるので、普通自動車コースであれば3週間程度の短期間で教習所を卒業して免許を取得することができます。

学生であれば夏休みの前半で自動車の運転免許が取得できるので、休暇期間の後半を活用して何か別の事をすることができます。旅行やアルバイトの他に、何か別の資格を取得することができるかもしれません。運転免許の取得後に、ペーパードライバーにならないようにするために運転の練習をすることもできます。合宿免許の後に旅行に行くこともできますが、教習期間中に観光旅行を楽しむことも可能です。合宿中は短い期間中に必要な教習課程を消化しなければなりません。

それでも教習の合間の空き時間が生じてしまうので、観光やレジャーが楽しめるような合宿プランを選択することもできます。

夏であれば海水浴やプールの他にマリンスポーツが楽しめるような合宿免許プランがあります。追加料金を支払うことでスキューバダイビングのライセンスも取得できるような合宿プランがあります。

冬季限定で、教習期間中に限り近くのスキー場のリフトが無料で利用できる合宿プランも存在します。合宿免許の主な目的は運転免許の取得ですが、教習の空き時間を利用して観光やレジャーを楽しめば、限られた休み期間を有意義に過ごすことができます。

夏休みの全期間を費やして地元の教習所に通い続けるよりも、休みの前半または後半の短い期間で教習所を卒業して免許が取得できる合宿免許を利用した方が、貴重な時間を有効に活用することができるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です